令和の虎 マジックミラーカー平出社長が許可をとったレンタカー事業の許可は手続きは簡単?

YouTubeチャンネル令和の虎。
チャンネル登録者数50万人を超える人気チャンネルです。

そんな令和の虎で虎社長の平出社長がマジックミラー号をマジックミラーカーとして自主製作しレンタカーとして貸出ビジネスを行うというプランを立ち上げ見事完全ALL達成となりました。
そして実際にこのプラン内容の実現にあたってレンタカー事業の許可も取得された平出社長。

実は現役車検場職員の筆者も若かりし頃にこのレンタカーの事業許可を担当していました。

そこで今日はこのレンタカー事業の許可について簡単に取得できるものなのか否かを「令和の虎 マジックミラーカー平出社長が許可をとったレンタカー事業の許可は手続きは簡単?」としてまとめていきます。




①レンタカー事業は法律的には自家用自動車有償運送貸渡事業といいます。



平出社長の今回のビジネスプランは自分で作成したマジックミラーカーをレンタカーとして貸し出しするというものでした。

さて世間一般でも浸透しているこのレンタカー事業ですが・・・実は法律的にはレンタカー事業という定義はありません。

このレンタカー事業は法律的には自家用自動車有償運送貸渡事業といいます。
これは道路運送法という恐らく一般の方は聞いたことがないであろう法律の第80条に規定されており事業を始める際は以下の条文のとおり国土交通大臣の許可を取得する必要があります。

※道路運送法80条・・・自家用自動車は、国土交通大臣の許可を受けなければ、業として有償で貸し渡してはならない。

②レンタカー事業の許可 実際許可するのは下部組織の運輸支局のトップの支局長



さてこのようにレンタカー事業を始めるためには国土交通大臣の許可が必要となります。
最近では公明党ポストとして有名な国土交通大臣ですが実際に国土交通大臣がレンタカー事業の申請書に目を通し許可しているかというとそうではありません。

同じ道路運送法の中でレンタカー事業の許可を行う主体が国土交通大臣からその下部組織の運輸支局の長である運輸支局長に許可権限が委任されています。
そのため国土交通大臣の許可が必要とあるのは名ばかりで実際のところは運輸支局長の許可が必要になります。

これを今回の令和の虎の平出社長のケースに置き換えると平出社長の活動拠点は東京都のため東京運輸支局長の許可が必要ということになるのです。




③平出社長がマジックミラーカーレンタル事業にあたり取得したレンタカーの許可申請手続きは簡単?



さてここからが本記事の本題です。
果たしてこのレンタカー事業の許可申請手続きですが実際の難易度はどれくらいのものなのでしょうか?

ちなみに平出社長はこの申請手続きを行政書士の方に代行していたことが令和の虎チャンネルで放送されていました。
このレンタカー事業の許可申請手続きは専門の法律家に作成をお願いしなくてはいけないほど難しい手続きなのでしょうか?

このてんですが実際ところ全くそんなことはありません(笑)
自力で作成可能なレベルの申請手続きです。

申請書として提出しなくてはいけないもののほとんどは運輸支局で決められた様式に簡単な記載事項を記入するだけの書類。
それに法人の場合は登記簿謄本・個人の場合は住民票を添付するのみです。

運輸支局ではレンタカーのほかにもタクシーやバスの許認可業務を担当していますがダントツに申請手続きが簡単な許可手続きであることは間違いありません。

もし極力経費を切り詰めてレンタカー事業を開始したいという方はまず自分でこの許可申請書を作成しましょう!


④「令和の虎 マジックミラーカー平出社長が許可をとったレンタカー事業の許可は手続きは簡単?」まとめ



以上「令和の虎 マジックミラーカー平出社長が許可をとったレンタカー事業の許可は手続きは簡単?」まとめでした。
しかし令和の虎でも平出社長が東京運輸支局に手続きに出向いた様子が配信されていましたが・・・
私もかなり前に東京運輸支局で勤務していたことがあるんですよね(笑)

もし窓口でいきなり平出さんがきたらビックリしたんだろうなあ・・・
それにしても平出さんの許可申請案件に携わった職員がうらやましい・・・



この記事へのコメント

スポンサードリンク